メガネ

早めに眼科を受診しよう

老眼は水晶体の調節機能が低下するため、近くの物や文字が見えにくくなったり、新聞や雑誌は少し話してみると読みやすくなります。気になる症状が見られる時は、眼科のクリニックを受診して、視力検査や精密検査を受けて下さい。

詳しく見る

メガネ

老眼の症状と対策

老眼は加齢が原因で多くの人が悩まされてしまうのですが、早めに予防しておくことで老眼は防ぐことができます。予防方法にも色々なものがあり、トレーニングを毎日行なう他にも目に良いサプリメントを服用することで効果を得ることができるでしょう。

詳しく見る

メガネ

スマホも原因に

老眼は近くにピントが合いづらいという目の老化現象ですが、近年はスマホ老眼という現象も登場しています。スマホを使った後目がかすむ、ぼやけるといった初期症状があり、放置しておくと重症化のおそれもあります。適宜ケアをしていくことが重要です。

詳しく見る

男女

原因と対策をご紹介

スマホの見すぎによる目の疲労が原因で、老眼に似た症状に悩まされる若者が増えています。スマホを見すぎないこと、見るときは姿勢に気をつけ画面から離れてみること、ホットタオルを使用して目を温めることなどが、症状の予防や緩和に効果的です。

詳しく見る

女性

自分で体を守りましょう

老眼の症状を軽減させるためには、食生活の見直しが大切です。ルテインが含まれている緑黄色野菜や、眼精疲労を助けてくれるブルーベリー、老化現象を抑制してくれる青魚や鰻など、日頃から意識して摂取することで老眼を遅らせる事ができます。

詳しく見る

将来のための基礎知識

女性

自覚すること

人間を始めとする動物は、年齢の経過とともに様々な症状がみられるようになり老いというものを意識するようになっていきます。いつまでも健康で長生きしたいと考えるのは誰もが思っていて、より健康への意識が近年では高くなっています。老いを代表する症状の一つとして、老眼が年齢的に早期に見られる症状です。老眼というのは、加齢に伴っておこる目のピント調節力の低下のことです。人間は加齢とともに、眼の中にあるレンズの役目をしている水晶体と呼ばれる組織が徐々に弾力性を失って硬くなってしまいます。そのため遠くが見えている状態では、近くのものにピントが合わなくなる症状のことを老眼と言います。実は、エイジングに伴う水晶体の老化は15歳頃から始まっているのですが、老眼の症状を自覚するのが一般的に40歳代半ばくらいが多いのです。しかし、スマホやパソコンなどで近くを見る機会が多くなっている現代では、40歳前後で症状を訴える人が増えています。具体的な老眼の症状として眼のピントが合わなくなり、近くのものが見えにくくなります。また、遠くのものはよく見えるのに近くのものが見えにくい、明るい場所ではよく見えるのに薄暗くなると見えにくいなどです。その他にも本や新聞の小さな文字は遠くに離さないと見えにくいという症状もあり、これらのことが自覚しているのならば老眼のサインかもしれません。老眼の対策としては一般的に老眼鏡を使用することですが、初期症状ならば進行を遅らせるための目のトレーニングなどもあります。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.