スマホも原因に

メガネ

原因と対策

老眼とは、目の老化現象のことです。一般に遠視の症状が出ることが多く、目の疲れ、かすみなどの症状も出ることがあります。老眼は老化現象の一種のため、早くて40代、平均すると50代頃から症状が出るという人が多いのですが、近年はスマホが原因のスマホ老眼というタイプが登場してきています。スマホ老眼とは、スマホの見過ぎで一時的に老眼のような症状が出ることです。スマホは近い距離で小さな文字や画像を見ることになるので、ピントを近くで合わせすぎる状態になります。するとピント調節機能がおかしくなってしまいます。スマホを見た後に遠くを見るとぼやけたり、かすんで見えたりといった症状が初期症状としてあらわれますが、その状態を放置しておくと重症化し、老眼を早める可能性もあるといわれています。また、ドライアイなどにもなりやすく、首や肩の凝りといった症状もでることがあります。目の不調が全身の不調につながりかねません。パソコンやテレビと比べて、特にスマホが問題視されるのは、画面が小さいためです。画面が小さいのに情報量が多いので、凝視しやすく、画面との距離も知らず知らず近くなりがちです。またスマホの方がいつでもどこでも見ることができるので、見る時間が長くなり、その分目への悪影響が大きくなります。スマホやタブレットは教育の現場にも導入されており、使わないという選択は難しいです。一定時間使ったら遠くを見るようにする、暗いところでは見ないといった注意をして目の健康を保つようにしなければなりません。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.