早めに眼科を受診しよう

メガネ

近くの文字が見えにくい

老眼は水晶体の調節機能が低下するため、近くの文字や物が見えにくくなったり、新聞や雑誌は少し話すと文字が見やすくなります。現代は40代以降の人だけでなく、パソコンやスマホの普及でお子様や、20代の若い人にも老眼のような症状が見られることがあります。老眼の症状が出ているのに、裸眼で無理に見ようとすると肩こりや頭痛、吐き気などの体の不調の原因になります。老眼の症状が見られたら、早めに眼科のクリニックを受診して、視力検査や精密検査を受けて下さい。老眼は有効な治療法はありませんが、生活習慣や食生活を見直すことで予防ができます。老眼の症状が見られる場合は自分の度数に合わせた、老眼鏡やコンタクトレンズを装着することで、目の疲れを緩和することができます。現代は老眼が低年齢化しているので、お洒落なデザインの老眼鏡が販売されています。新聞や雑誌などを読む時は必ず装着して下さい。パソコンやタブレット、スマホなどは現代人の生活に欠かせなくなっていますが、目の疲れを感じる時は使用を控えて、遠くの物を見たり目を休ませることも大事です。視力の良い人だけでなく、近視の人も罹るので気になる症状が見られたら、栄養バランスの良い食事を心掛けたり、優れた抗酸化作用のあるブルーベリーやビルベリー、ルテインなどのサプリメントを服用するのもお勧めです。近くの文字を読む時は老眼鏡を使用することで、目の疲れを軽減できるので購入をしておきましょう。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.