自分で体を守りましょう

女性

食生活の改善が急務です

パソコンを長時間使用したりスマートフォンを見続ける事によって、眼に負担を掛けている人が増加しています。近くの物を見る時には、水晶体周辺にある毛様体と呼ばれる筋肉を使用してピントを合わせていますが、行き過ぎた眼の使い方によって毛様体が固くなり、眼精疲労や老眼の症状が発症していきます。日頃から生活習慣に気を遣うことで老眼の進行を緩やかに保ちましょう。老眼の症状を遅らせるためには、食生活の改善が近道です。セロリやブロッコリー、ホウレンソウなどの緑黄色野菜は、ルテインを多く含んでいます。このルテインは眼球の裏側にある黄斑部を守ってくれる成分で、白内障や黄斑変性症の症状を回避してくれます。また、老眼予防に繋がるコエンザイムはサプリメントでも摂取できますが、イワシやサバなどの青魚や鰻に多く含まれています。デスクワークがメインの人にとって眼精疲労は日頃からの悩みの種です。ポリフェノールの一種であるアントシアニンは眼精疲労や視力回復にも効果があるといわれ、ブルーベリーや赤ワインにその成分が含有しています。その他にビタミンは老眼抑制の手助けをしてくれます。眼の粘膜を守ってくれるビタミンAやB2は鰻やレバーに含まれていて、暗がりでも物が見やすくなったり細胞の再生能力を持っています。また、ビタミンEは、老化の原因でもある過酸化脂質を体内に作るのを防いでくれます。アーモンドやヒマワリ油に含んでいて、ビタミンCと共に摂取することで効果が期待できます。食生活を改善して、老化の症状を軽減させましょう。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.