老眼の症状と対策

メガネ

予防もできる

人間は、加齢とともに様々な身体の変化が見られてきます。病気へのリスクが高くなったり、老化現象など様々な症状がみられ自覚するようになります。老化現象の一つとして、早期に見られているのが老眼という症状です。この老眼は、40歳前後からはじまる誰もがなる目の老化の症状で、レンズの役割をする水晶体の弾力性が弱くなってしまい調節力が低下してしまいその結果として、近いところが見えにくくなる症状のことを言います。自分はまだ若いからなんの対策をせずにいると、肩こりや目の疲れ、頭痛などの症状が見られてしまうこともあります。老眼は、予防や改善することが可能であると言われており、水晶体の厚さを調節する毛様体筋を鍛えることで、目の老化を予防したり進行を遅らせることができます。代表的なトレーニングとしては、遠いところと近いところを交互に眺めるというトレーニングです。一例として腕を伸ばした状態でペンや指などの近くの持を2から3秒間見たのちに遠くの景色などを同様に2から3秒見ます。この遠くと近くを見るということを交互に3セットぐらい繰り返します。その他にも眼球を動かしたり、目を開いたり閉じたりすることでも老眼のトレーニングになります。近年では、目のサプリメントの販売もされていますが、食物から摂取することができる食物もあります。一般的に知られているのがカシスやブルーベリーです。カシスやブルーベリーに含まれるアントシアニンは、活性酸素を除去し目の老化を防いでくれると言われています。誰もがなると言われている老眼は、予防や症状を理解することが重要です。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.