原因と対策をご紹介

男女

目を労わって快適な視界を

老眼は老化現象の一種で、およそ40代以降で見られるようになることが一般的です。ところが、最近は若い世代でも、手元が見づらい、視界がぼやけるといった老眼に似た症状に悩まされる人が増えてきました。これは、主にスマートフォンを長時間使うことにより目のピント調節をする筋肉が疲弊し、うまく機能しなくなることが原因で起こる症状と考えられています。スマホが原因のため、スマホ老眼と言われています。スマホ老眼が起こっても、ほとんどの場合一時的な症状治まります。しかし、繰り返すうちに重篤化する恐れも指摘されています。そうならないために、予防と改善のための対策はしっかり取る必要があるでしょう。まずは、原因であるスマホの使用時間をできるだけ短縮することです。仕事の休息時間や電車の待ち時間などに、スマホでゲームやネットサーフィンをしていませんか。こういった時間にスマホを使用するのをぐっとこらえ、遠くを見るなどして目を休めるようにしましょう。また、やむを得ない理由でスマホを使用するときは、姿勢に気をつけることが大切です。至近距離まで近づけて画面を見つめると、目の筋肉にかかる負担も大きくなります。画面を見るときは、目から30cm程度は離すようにしましょう。目を温めて血行を促進させると、筋肉の疲労が回復しやすくなり、症状の予防や改善が期待できます。目を温めるには、ホットタオルをのせるのが手軽でおすすめです。ホットタオルは、タオルを水で濡らして絞り、電子レンジで温めるだけで作れます。いつまでもクリアな視界が維持できるよう、意識して目を労わるようにしましょう。

Copyright© 2018 中年に多い老眼の症状を知ろう【近くのものにピントが合わなくなる】 All Rights Reserved.